<   2006年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧
届いたもの
ドルの位牌が届きました。

これまた失礼。。
f0000091_17312011.jpg


ドルの写真は他にも沢山あるけど
これはフォトフレームに足が丁度掛っていて
今にも飛び出して来そうで♪ ヒィィィィィ(゜ワ゜ ;ノ)ノ 怖~い!

m(__)m

見ているとドルを抱っこした感触をまだ味わえます。
まだ何処かに居て逢えそうな気持ちになれます。(^0_0^)

 
[PR]
by grasshouse | 2006-01-31 17:40 | 愛犬 | Comments(3)
ブー
きかん坊さが無い。

なんとなく淋しそう。。

f0000091_17283783.jpg

[PR]
by grasshouse | 2006-01-30 14:27 | 愛犬 | Comments(3)
夕日とブー
今日は珍しく暖かくお天気がいい。
里帰りしたお父さんを佐渡汽船まで迎えに出たついでに海岸をドライブ♪
勿論ブーも一緒!
ブーはここ暫くずーと元気がなくて、ドライブ中も元気がない。(´Д`)トホホ
家に着いて散歩に出た。
おや!? ちょっといい感じ? 元気が出て来た? 暖かいから?
何はともあれo(*^-^*)oニコ
沢山歩いて♪ 走って♪ 夕日をながめて。。

これを見たら元気が出たよね~、ブーちゃん♪
f0000091_2039618.jpg

f0000091_20252752.jpg

f0000091_2025438.jpg

f0000091_20261077.jpg

[PR]
by grasshouse | 2006-01-29 20:30 | 日常 | Comments(5)
初七日
今日が初七日です。
朝起きて数珠を片手に私なりのお礼経(笑)を唱えました。
w(゜ o ゜; )w オオー! なんということでしょう!!
ドルちゃんにお花とメーッセージが届きました。
超~~~~~~~~~感激です!!
ドルは幸せものです♪
f0000091_16412680.jpg

(ジジも一緒。``r(^^;)ポリポリ)

ドルはみんなの幸せを願ってくれているでしょう♪

霊園ソウルメイトさんから祈り場に行きますとお祈りが出来るんですよ。

だんだん生々しくなってきました。o(〃^▽^〃)oアハハ
訪れた方々、すみません。m(__)m

[PR]
by grasshouse | 2006-01-28 16:48 | 愛犬 | Comments(4)
ブーは見た!!
  注…これは怖い話しですので気の弱い人は見ないで下さい。

●23日、ドルとお別れの日でした。
いつもより早く朝5時起床。
おしっこをさせる為ブーを庭に出すと今まで聞いた事のない声
なんて言ったらいいんだろう?強くでもなく、弱くでもなく、
ブーの声ではないような声で
「わん」と一声吠えました。
それから家に入って間もなく家の中からいつも出入りしているテラスに向かって確実に何かを目で追い、けたたましく
「わん!わん!わん!」と吠えました。
w(゜ o ゜; )w オオー!
ジジが迎え来たか!?
ドルが旅だったのか!?

ブーには何かがはっきり見えたようです。


●12月?日にも不思議な事がありました。
ドルはいつもの場所で寝ていました。
まるでヒョウが草原で狩りをするように低姿勢で匍匐前進するように
リビングの扉の方へ
「わん!わん!わん!」と。
「お前は誰だ! 出て行け!!」と言ってるような吠え方でした。
私は「死に神が迎えに来た(≧д≦)」ととっさに思いました。
「お前の来る場所じゃなんだよ~!!」って追っ払ってやりました。

私は昔は感じ取れる体質で怖い体験も何度か。。o(〃^▽^〃)oアハハ
最近は全くありません。
さすがです、ブーは!
[PR]
by grasshouse | 2006-01-27 10:36 | 愛犬 | Comments(2)
ドルの祀りかた
毎日pcに向かい
「ドルをどうやって祀ってあげようか」その事だけを考えています。
今現在はリビングに一緒におります♪

私はドルを我が家に迎え入れた時から犬ではなく私の子供として迎え
「ドルと一緒のお墓に入る」事に決めていました。
今は兎に角「ず~と一緒にいたい!離れたくない!」の気持ちです。
病院の先生はこんな事を言ってくれました。
「急いで事を進める事はないですよ。落ち着いてから後悔のないようにしてあげて下さい。今は人間と同じお墓に入ることの出来る理解あるお寺さんもありますから。」と。

やった~♪ 

と思いました。新潟でここまで進んでいるなら私が死ぬ頃には普通になっているかも知れない。亡骸は大切に保管しよう!そうしよう♪と強く決心しました。

家に遺骨を置くことがいい事か?悪い事か?
「ペットは大事にし過ぎてはダメ!家に置いて取り憑かれてお祓いした人もいる」とも聞きました。
ペット葬祭の方も、病院の先生もこんな風に言ってました。
こうしないといけない!とか、ああしないと!とかそんな事はなくて、1年2年家に置いたからといって問題はないですよ、気持ち次第、心の問題でしょう。
現に私の姉は旦那を亡くして今年13回忌だと言うのにまだ納骨をしていません。お墓が無い訳でははないんです。ちゃんとあるです。(後述:納骨は済んでいて家にあるのはほんの一部だそうです。)
子供達が「いつも一緒にいたい!」と納骨に反対しています。
「その人なりの供養をしてあげていれば」と寺さんも悪い事だなんて言ってないそうです。

そしていろいろ調べた結果決めました。
(あッ、これ以降「縁起でもない!」という方見ないでください。)

★。.::。.::・’゜☆。.::・’゜★。.::。.::・’゜ 

骨壷収納仏壇「こころⅡ」
毎日過ごすリビングに置く予定ですから「旦那さんへの配慮もしないと!」でしょ!?o(〃^▽^〃)oアハハ
だからこれ、これは骨壷を一緒に収納出来ます。
位牌も注文しました。

それからこれが将来の候補です。
移動式墓石B 9W型 です。
何百年も先(爆)ブーがドルの元へ旅立ったら二人仲良く入れます♪
取りあえず庭に置いても良し♪ベランダに置いても良し♪何処でも置けます。
これなら人間のお墓の横に置くことも出来ます。
私達のどちらかが欠けた場合、多分佐渡に戻るでしょう。
実家の佐渡へも持ち帰りの出来る便利な墓石です。

               今はこんな気持ちです。




                      こんなHP を見つけました。
                             ペット霊園ソウルメイト
[PR]
by grasshouse | 2006-01-26 10:37 | 愛犬 | Comments(3)
ドルを偲んで
2004年、2月、始めての痙攣発作を起こしました。
それから丸2年、ドルは痙攣と戦ってきました。
先生の説明を聞いて高度治療を受けるという手もあると教えてもらいましたが
ドルの苦痛や自分の淋しさを考え薬の治療を選択しました。
薬で治療出来ない三分の一にドルは入っていたようです。
暫くは薬で痙攣を抑える事が出来てもまた痙攣を起こす。
その度薬がきつくなる、肝臓、腎臓への負担に繋がる事も聞いていました。
だから毎週病状を報告して薬の量を調整していました。
それでも何度も何度も痙攣を起こすんです。それも強くなる一方!
早いうちからいつも先生に「覚悟は…」と言われていました。
2005年10月の痙攣の時は本気でドルに「安楽死を!」と考えたんです。
このときは地獄でした。
12月またも痙攣!
「もうダメだ!」と私も先生も思いました。
年末年始、穏やかにドルとブブと私と三人で過ごせた事は奇跡です!
ドルは私を思いやってがんばったんではないだろうか?
「突然逝ったら私がどれだけ悲しむか知っていて」

1月に入ってからは
「ドル、頑張って!」とは言えませんでした。
「ドル、今まで有り難うね♪ドルがいたからここまで生きてこれたんだよ!有り難う!有り難う!有り難う!」
って毎日、毎日言いました。
ドルが生きているうちにお礼を言っておきたかったんです。

17日、ドルを入院させてからが苦しかった!!

16日、私が噛み砕いてドルに食べさせたごはんが最期
16日、一緒のお布団で就寝、この日が最期
21日、ブーと面会、これがホントの最期になりました

21日ブブと11時頃面会に行きました。
「30分ほど前に痙攣を起こしました」と。
痙攣を起こした後にもかかわらず穏やかな顔でした。

22日は日曜日、先生に
「最期になるかもしれないから扉越しでいいですから面会をさせて下さい!」
「10時に病院へいらっしゃい」と約束していました。

22日、朝8時過ぎ電話がありました。
「朝01:05でした、その後2度痙攣を起こしました。痙攣を起こした事による心不全だと思われます。」
やっとわが家に帰ってこれたドル!!
夜は寝室に連れて行き同じ部屋で寝ました。

ブーちゃんにきっちりお別れをさせ
ドルの散歩の時着せていた私お手製のセータージャーキーガムチーズ、毎日使っていたごはんのお皿、大好きだったボール
を持たせてあげました。(最後はあまりごはんを食べれませんでしたから)
火葬して骨を拾って 少し気が楽になった自分がいました。
13歳と9ヶ月でした。

   ★。.::。.::・'゜☆。.::・'゜ 虹の橋★。.::。.::・'゜

これからはあまり振り返らないようにします。
これがブログに書く最後です。
ブーの為にも!自分の為にも!
f0000091_9985.jpg

[PR]
by grasshouse | 2006-01-24 10:18 | 愛犬 | Comments(0)
お帰り!! ドル♪
22日、病院の先生より電話を受け
ドルをお迎えに行ってきました。
一週間振りの帰宅です!

もう痛い注射も苦いも飲まなくて済みます!
最期は病院でしたが苦しまなかった事が救いです。
安らかな寝顔です♪

ドルの遺骨は持ち帰りました。
暫く落ち着くまで家に置くつもりです。
これからは毎日ドルと一緒です♪

きっとジジと再会していることでしょう♪

応援してくれたみなさん、
有り難うございました。m(__)m
[PR]
by grasshouse | 2006-01-23 16:19 | 愛犬 | Comments(6)
揺れる気持ち
本音を言えば

「もう家には帰って来れない」

「あんなにあちこち悪くなってるのに、ICUを出られないのに無理だよ」

と思う自分がいます。

15日、ドルと同じ布団で寝たのを最期にしたくないです!
「また戻って来る!」と信じてドルのお見舞いに行ってきます。

応援してくれているみんなの気持ちをドルに伝えて来ます!
[PR]
by grasshouse | 2006-01-20 09:13 | 愛犬 | Comments(3)
面会二日目
ここ1週間くらい前からかな~、ブーは元気がありません。
いつもドルの真似をし、ドルにくっついているブー。
ドルのつらそうな息づかいに心配してか顔をのぞき込んだり。
添い寝もしてた。
ドルが居ないこと、判るのかな~?
散歩も家の左右を行ったり来たりで直ぐに帰ろうとします。
だから今日はブーも一緒に面会に行きました。

ドルは人間様より快適空間にいました♪
先生は病室の窓越しにドルのICUを見せてくれました。
・酸素濃度?? 
・室温25度 
・湿度60% 
・??40%   と説明されました。(もう忘れた(≧д≦)アチャ)

昨日の午後からドルはごはんを食べ、夜中にも自分で食べたそうです。
今朝も私が病院に着いた時「今ごはん食べているんですよ♪」と看護師さん。
ただ私と面会している10分もあるかどうか
ICUを出ると苦しいんです。呼吸が早まります。

わが家に帰れる確率はかなり低いです。

ごはんを食べてくれて良かった!o(*^-^*)oニコ o(*^-^*)oニコ

ドルが苦しくないならそれでいい!!
[PR]
by grasshouse | 2006-01-19 17:28 | 愛犬 | Comments(5)



花・野菜・育て in niigata         ※わんこが逝って気ままに過ごす日々 日記ブログ
便利パーツ
カテゴリ
全体

野菜

ピアノ
日常
食べ物
てきと~ぅ料理
おでかけ
愛犬
阿賀野川の自然
最新のコメント
今年もよろしくおねがいし..
by grasshouse at 08:54
旅行かな?一度行ったけど..
by ももママ at 21:05
>ももママさん  お久..
by grasshouse at 09:20
おひさしぶり♪ 元気?..
by ももママ at 17:01
>ももママさん 痛かっ..
by grasshouse at 09:32
痛くなかった? 1回目..
by ももママ at 08:46
>ももママさん 梅雨明..
by grasshouse at 11:31
大きいひまわり! そっ..
by ももママ at 21:54
お気に入りブログ
「今日の一枚」
まいにち、ぽれぽれ<ga...
佐々木塗装
ぬるぅい畑生活
*こか*
ZEI'S FLOWER
お友達リンク
タグ
(84)
(32)
(30)
(28)
(27)
(19)
(17)
(15)
(13)
(13)
(11)
(10)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
記事ランキング